FURUGI@BLOG

横浜在住のmooran(むーらん)が書く日記のようなもの。

YE〜S!

〜本日のあらすじ〜
後輩との会話で最強のアニメ映画を決定しようということになった。 *1






「もちろん、『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』でしょ」と断言した我輩。
映画 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 [DVD]


しかし、「じゃあ、『MIND GAME』はもちろん劇場で見てますよね? 文化庁メディア芸術祭の大賞も取ったし!」と言われ、
「えー、なんか関係あるの?」と答えてしまったとさ。 *2

TSUTAYAにグッドタイミングで入荷していたから、罪滅ぼしに速攻でレンタルしてきたよ。
そんな訳で「MIND GAME」を視聴。




・ハイテンションっていっても限度があるだろ!というくらいのハイテンション
・使い古された言葉だけど“個性的”というべき絵柄 *3 が高速で流れる、流れる
・音楽や効果音がそのテンションをさらに煽る。山本精一渡辺信一郎、さすがのグッジョブ
赤塚不二夫もビックリのシュール&ナンセンスな不条理ギャグの連発
・唐突に挿入されるシリアス調の過去シーン。前後のシーンとのギャップが笑える
・カーチェイスのシーンはまさに映画クレしんのノリですな
・声を当てている今田耕司藤井隆ら芸人軍団のテンションが高っ!
・つうか、吉本新喜劇そのまんまなんですけど。キャラは全員関西弁だし
・あと、坂田利夫島木譲二は反則です
・ヒロインのほっぺたがほんのり赤(萌えた!)
・もちろん乳は強調され、揺れっぱなし
・うんこ、ちんこを始めとする下ネタも満載。あまりにもベタすぎ!(最高!)
・以上だけど、視聴後は実に爽やかな気分に *4


そんな作品。

これは恐れ入った。傑作に認定。
劇場で見なくて本当にごめんなさい。つうか、劇場で見たかった。


ちなみにタイトルの「YE〜S!」は
「(オレ)死んだんですか?」と問う主人公へのきつい一発@神様 *5
アッパーすぎだろ、神様! 自分のベストシーンというか、ここで飲んでたビールを吹いた。


http://www.mindgame.jp/index.htmlマインド・ゲーム公式サイト)



*1:最強の定義を決めなかったので議論は紛糾w

*2:湯浅政明つながりかよ! 10時間前の我輩の馬鹿馬鹿!

*3:松本大洋のマンガを連想した

*4:エンディングシーンのおかげで、しんみりと人生を考えてしまった

*5:声はおそらく山口智充

広告を非表示にする