FURUGI@BLOG

横浜在住のmooran(むーらん)が書く日記のようなもの。

楽しいひととき

届いた素材を検品したり、その素材をライターさんやデザイナーさんに渡すためにMOやCD-Rに詰めたり、
献本を送付したり、企画書を書いたり、打ち合わせをしたり、台割を作ったり。
願わくば、この“次の書籍の仕込み期間”が永遠に続くように……。


……と書いて余韻に浸ろうと思ったけれど、続かないから。
何が“永遠に続くように……”だ! 自分で書いておきながら腹が立つわ!
はいはい、もう本格的に作業開始だから、楽しいひとときは終わり。南無!


こうして、あっという間に年月は過ぎていくんだよな。
そして、気づいたらときには民間人の宇宙旅行とか、タイプワープとか、
人体の中に入っての手術とか、インターセプターとか、デブリ屋の活躍とか、
色々なことが当たり前な世の中になっているんだよね。
だって、パオパオチャンネルいわく、「自動車にはタイヤなんてな〜いない〜。21世紀〜」だぜ。
もちろん、クジラの牧場だってできるよ。捕鯨問題は平和的な解決に至ってね。
あっという間に。


なんでこんな取り留めのない駄文を書いているのかと言うと、
スケジュールを確認しているときに、軽い(けれどジワジワと効いてくる)衝撃を受けてしまったワケで。
今年も1/3が終わっちゃうよ、と。



広告を非表示にする