FURUGI@BLOG

横浜在住のmooran(むーらん)が書く日記のようなもの。

不満は配色だけ

SELLE ITALIA(セライタリア)『YUTAAK GEL FLOW』(CYCLINGTIME.com)




[rakuten:qbei:10017612:detail]


アテネオリンピック金メダル&MTB世界選手権XC部門3連覇中の最強王者、
ジュリアン・アブサロンが設計に携わっているらしい、セライタリア社の最新サドル。


このサドルの最大のキモは、前後とサイド部の黄色い部分に、ブーツのソールなどでおなじみ、
ビブラム社のビブラム(Vibram)素材が使用されているところ。
ビブラムが貼られている箇所はかなり滑りにくく、それが山サイ、特にガレ場の下りで役立つ。
自分が特に「イイかも」と思ったシチュエーションは、以下の2つ。


・下りに備えてケツを引いたとき。後部のビブラムでケツがピタッと止まる。
 同じポジションにすばやく移動できるし、ケツのオーバーランも回避。イカス!
・中腰のスタンディングで下るとき。サドルを股で挟み込むようにして下るのだが、
 サイド部のビブラムのおかげで、いつもよりも体勢が安定していた感じ。マーベラス!


逆にその滑りにくさが仇となったのか、漕いでいるときやサドル上を移動するときに
引っかかり(パンツの生地がビブラムに残るような感触)を感じることもあったが……
走っているうちに気にならなくなった。ビバ、自分の鈍感力!(えー


また、ゲル入り&穴空きタイプなので、ケツの痛みや大事な部分の痺れもなし。
後部の面積がワリと広いので、ゆったりと座れるのもイイ感じ。
山サイ&王滝100kmにピッタリなサドルじゃないかと思って購入したが、その通りだと思う。かなりオススメ。*1




ちなみに、

また、ノーズ部に配置されたVibramは、MTBを肩に担ぐ時の滑り止めの役割も果たします。

ということだが、自分は“前三角に肩を入れて担ぐ派”。ぶっちゃけ、わかんねぇ!(えー
また、耐久度に関してもノーコメントということで。
見たところ、かなり頑丈そうだが……まだ1回しか使っていないしNE!



*1:これで、使い回していた、セライタリア『SLR Gel Flow』を『R800』に移植できるよ!

広告を非表示にする