FURUGI@BLOG

横浜在住のmooran(むーらん)が書く日記のようなもの。

思わず小躍り

連泊の原因になっていた作業は、本日、無事校了
そのご褒美なのか、昼飯ついでに立ち寄った神保町の三省堂書店
道尾秀介『ラットマン』のサイン本をゲットォォォ!

嬉しすぎて、スキップしながら会社に戻るの巻。
サイン本はまだ10冊ほど残っていたから、道尾ファンはダッシュで買いに行くといいぞ!




道尾秀介『ラットマン』(光文社)
ラットマン






また、桜庭一樹『私の男』のサイン本もあった。でも、残り4冊。
さすがは直木賞効果といったところか。本日中には消えて無くなるんだろうなー。


桜庭一樹『私の男』文藝春秋
私の男
まぁ、そのうちの1冊は自分が買ったんだけどな!(えー






ついでに、ユーモアミステリひとすじの若手、東川篤哉の新刊も購入。
とりあえず、サクッと読めると思われるこの本から着手。
印刷所からの連絡が来るまで、チビチビと読む。


で、女子高生が巨大な電光掲示板を妖怪「塗り壁」に例えたところで、お茶吹いた。
いつの時代のセンスだよ! だが……この作者はそれがいい。わざとらしいところがいい!(えー


東川篤哉 『もう誘拐なんてしない』文藝春秋
もう誘拐なんてしない






そして、法月綸太郎の新刊は……見つからず!(えー
変と思って調べてみたら……スゲェ納得。カッパノベルスだったのね。
てっきり、ハードカバーだと思っていたよ!


法月綸太郎『犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題』(光文社)※カッパノベルス
犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題 (カッパ・ノベルス)



広告を非表示にする