FURUGI@BLOG

横浜在住のmooran(むーらん)が書く日記のようなもの。

物足りねー!

歌野晶午ハッピーエンドにさよならを』(角川書店
ハッピーエンドにさよならを
→読了。以下、作品のオチには言及していないが、
ある意味ネタバレな感想を書いているので、注意されたし。






























ジャンル名で語るなら、ミステリというよりホラーと言うべきであろう作品集。
本書の感想は、「上手い。しかし、そこに驚きはない」に尽きる。
というのも、ページを読み進めていくうちに、物語の結末を読めるようになってしまうのだ。
これは、作者の“ある意図”の悪影響である。試み自体は悪くないのだが……。


フォローしておくと、非常に読みやすい文体で書かれているので、サクサク読める点はよかった。
歌野のテキストが、これほど読みやすくなる日が来るとは思わなかった。
ただし、「面白かった?」と問われたら、「微妙……」と答えざるを得ない。
歌野のファンを自認する自分でさえ、だ。ミステリファン以外は、あえて手に取る必要はないと思われる。



広告を非表示にする